使い方

うるおいスキンケア

石鹸泡洗顔

まず、水か、ぬるま湯で予洗いをしてください。
石鹸を軽くぬらし、手のひらを丸くして、空気を加えるように “サンキュー石鹸”を回転させながら、よく泡立ててください。
お肌をあまりこすらず、泡でお顔全体をつつみ込み、泡を転がすようにやさしく洗顔します。
洗顔後は、水で充分にすすいでください。
やさしい洗い上がりと保湿感をお楽しみいただけます。
肌の弱い方や赤ちゃんにもお使いいただけます。

馬油洗顔後の潤いクリーム

洗顔後にタオルドライしたら、あずき一個分程度の生馬油を(スパチュラなどで)指にとり、顔全体に薄く塗布してください。
お肌に残っている水分とよくなじませて、お肌に潤いを与えましょう。
お肌の表面をサラッとさせてから、お化粧やUVクリームをしてください。
※ 生馬油には、紫外線をブロックする効果はありません。

馬油首筋のケア

首は、皮膚がとても薄く動きも激しい部分です。
首筋のケアは、お風呂上がりにタオルドライした後、首筋を伸ばし、指に少しつけた馬油をあごからなでおろすように薄く伸ばしてください。
これをやさしく複数回繰り返し、最後に手のひらで首全体をマッサージしてください。

馬油全身のケア

お風呂上がりにタオルドライの後、お肌の水分が残っているうちに、乾燥が気になる部分に馬油を少しつけて、軽くマッサージしながらお肌に浸透させてください。
水分とよくなじませることで、天然馬油のもつ“天然の乳化作用”をお楽しみいただけます。

馬油足裏、かかとのケア

お風呂上りに馬油を擦り込み、軽くマッサージをしてください。
足裏のマッサージは、血行を促進し、美肌の保護に良いとされています。

馬油髪・頭皮のケア

洗髪後にタオルドライしたら、馬油を手のひらに少しつけ、髪の毛全体になじませます。
洗い流さなくても良い天然のトリートメントとしてご使用いただけます。
馬油に含まれるオレイン酸やリノール酸は、頭皮の乾燥を防ぎ、髪や頭皮の健康に役立ちます。

石鹸馬油赤ちゃんの潤いスキンケア

赤ちゃんの肌は、皮膚が薄く、肌の水分量や皮脂量が少ないため乾燥しやすくなっています。
やさしい洗い上がりと保湿感で、肌の弱い方や赤ちゃんにもお使いいただけます。

ページトップへ戻る